痩せ習慣をつくることが大事

日本人だから白米を食べましょう!とは言わないけれど三食共に白米を抜いたダイエットは身体に良いでしょうか?まったく白米を食べない生活を送っている人がいますが、せっかくお米の美味しい国にいながら白米を省いてしまうなんてもったいないですよ。

「白米はカロリーが高い」とか「炭水化物だからダイエットの敵」なんて決めつけるのは良くないこと。白米を食べられない病気の人もいますが、そうじゃないなら白米を残すとか初めから食べないとか極端なことはやめた方がいいんじゃないかな・・・と思います。個人の自由なんですが白米って身体に必要な栄養が詰まった食品ですよ。

白米を減らすダイエットであれば間違いではありませんので炭水化物を減らしてみるのは良いでしょう。たとえばお茶碗に軽くよそうだけにしてみるとか、夕飯だけ白米を食べないくらいなら「痩せ習慣」ができるかもしれませんね。

「痩せ習慣をつくるにはどうしたらいいか」それを考えるとき、白米を3食抜くダイエットより先ほども言ったとおりお茶碗に軽くよそうとか夕食だけ白米を抜く方法のほうがラクに続きますよ。日本人はお米を食べてきた民族だからパンや麺はともかくお米は食べた方が体調が整います。

ガクト ダイエット

沢山の人に支えられて頑張っている闘病生活

私はうつ病で休職しており精神科に通っています。院長先生はとてもいい方で、自分の話を受け止め、どうすればよくなるか?を親身に考えてくださります。
また、受付の方の対応も良く、電話でも来院時でも、きめ細かな優しい対応に魅力を感じます。毎回の通院も、受付の対応の良さで気持ちよく終えることが出来ます。
最近では、復職に向けて院内でやっているリワークのデイケアに通い始めました。ここでは、復職という同じ目標を持つ仲間と情報交換をしたり、精神保健福祉士、カウンセラーの方と復職に向けた色々な相談をします。ここでお話しした内容は院長先生とも連携されています。
更に、看護師の方が血液検査等の検査をしてくれることもあります。
病院は、担当のお医者様だけしか印象に残らないことが多いと思いますが、受付の方、看護師、精神保健福祉士、カウンセラーの方、そして一緒にリワークに参加している仲間達の人柄が、私の病気をもっと良くする要因になっているのではないかと思います。
沢山の人の力を借りながら、これからも復職に向けて励んでいきたいです。今日の担当看護師さんは日勤だけだそうです。でも日勤だけだとお給料があまり多くないのでイベントナースを東京でやっているそうです。そのときに利用したのがこのサイトだとか。http://xn--eckzb2bi7exhpc0986asu6b.xyz/

最近の私の趣味

最近私がハマっているのは、プラ板作りです!
プラ板って何なの?と思う人も多いと思いますが、子供から大人まで楽しむことができるんです!
しかも、コスパもよいうえに私はその手作りしたものをフリーマーケットなどで販売もしているので、ちょっとしたお小遣い稼ぎだってできちゃうという点では、一石二鳥なんです!
透明なプラスチックの板に、マジックや色鉛筆で絵を書いてオーブンで焼くだけで、可愛いキーホルダーなど作れちゃうんです!
私はキーホルダーだけではなく、ピアスなどもつくったりしています。自分だけのオリジナルの作品ができるから、誰とも被ることもありません。なので、子供の名前入りのキーホルダーを作ってかばんにつけて幼稚園に行った時は、他のお母さんや、子供たちからとても評判が良く、オーダーをいただくようになりました。
こうやって自分の趣味が役立って、みんなが気にいるものが作られると私もなんだかとっても嬉しくなります。
それに、子供たちが可愛い!ととても褒めてくれます。
子供たちが褒めてくれると、私ももっと可愛い作品が作れるように頑張ろう!と思え、とても励みになります。これからも、手作り作品をもっと作っていこうと思います。